Truth0/最果ての村カルッサ—人と「魔導士」と「幸せの土地」【0-2】

 0-2

 ――最果ての村カルッサ――
 東世界の最果てとされる辺境の村。貧しい農民達が暮らす集落で名産物は無く、外部からの訪問者は滅多に来ない。
 大戦時に主戦場となった二大国の国境の近くにある為、戦争中よりアルカディス帝国から略奪被害を受けており、村人達は今なお根深い恐怖心を持っている。同時に戦争の武器であった「魔導士」に憎悪を抱いており、無垢な子供も大人を真似して「魔導士」を差別するようになっている。
 村の近くに小さな林があり、中央には井戸代わりに利用されている沼がある。


 カルッサ村に入ると、麻の服を着た子供達がハルに向かって石を投げ付ける。無自覚に行なわれる集団暴力に耐えながら、それを正義だと刷り込ませた大人達の「無視」という別の暴力にも耐えながら、少女は傷だらけになって歩き続ける。が、
 足音が谺するので停止してみると、背後から別の足音が聞こえてくる。不思議に思って後方を確認すると、視線を戻して眉を潜めた。
(やっぱり。何で付いて来るの?あんた達も私に石を投げ付けたいの?)
 数メートル距離を空けて、不思議な髪色の鉢巻き少年と不思議な語尾を付けて喋る男児が並んで歩いている。愉快な話をしているようで時々笑い声を上げる二人に憤りを感じつつも、小石の猛威から逃れる為、ハルは速度を上げて歩き始める。
 三重の足音が少女の心をざわつかせる。耐えきれなくなって「付いてくるな」とジェスチャーするが、相手はお喋りに夢中で気付かないので、無視をしようと努める。礫の雨の中を進んでいると村人の会話が聞こえてきたので、ハルは突然の駆け足を開始する。
 走り出したのは彼女だけだったが、周りの敵意は余所者に向けられる。子供が標的を変えるや否やジェスチャーを後ろ向きに行うと、意味ごと気付いたらしい後方の二人は少女の背を追い駆ける。
 村の端にある『宿屋』の看板が付いた一軒家に到着すると、立ち止まる事無くハルは旅人達を誘導する。扉が閉められる直前に子供の一人がトカライに向かって石を投げ付けたが、
 礫は見えない壁に当たったように、空中で跳ね返って地面に落ちた。


 ドアに鍵を掛けたハルはカマックとトカライを睨み付ける。汚れた木の台がある狭い玄関は、萎れた花を生けた花瓶に支えられた受付表に宿泊料金が記されている。
 殺風景な宿屋に人の気配は他に無い。旅人達は辺りを見渡しながら、少女に笑顔で話し掛けた。
「あ、すいません。宿屋を探してたんだけど、連れて来て貰っちゃった?」
「のだ、ハルの家は宿屋さんなのだ?のだ達、いつも寝床になっていた車が沼に沈んじゃって困ってたのだ」
「そうそう、流星号は沼に沈んギャアアアアア!!流星号堪忍してええ!!おっちゃん堪忍してえええ!!」
 記憶をぶり返したカマックは泣きながら壁に頭を撃ち付ける。狂気的な状況の筈なのに無視をしたトカライは、気ままなダンスを踊りながらハルに話し掛けた。
「のだのだ、そういえばなのだハル。村の人達が冷たいけど、何でなのだ?」
「ギャエエエエーン!!流星号ギャエエエ……ん?ハル、何かしたの?」
 鉢巻き越しに眉間から血を流しながら振り向いたカマックを、頬から血を流すハルは激しく睨む。理解不能の言語を小声で呟き、細い指を鳴らした瞬間、
 左頬の模様が青く光り、カマックの周りに無数の水滴が出現する。宙に浮かんだ不思議な液体は雨のように床に降り落ちると、超現象を起こした少女は目を潤ませながら叫んだ。
「あんた達知らないの?コレを見て分からないの?!
 この模様は魔導士だという証の「魔導印」!私は「魔導士」っていう、戦争で使われた化け物なの!戦争なんか参加して無いし、この村以外で暮らした事も無いけどね。でも他の魔導士がそうだったから、人間は私達全てががそうだと思ってる。ただこういう事が出来るだけでこの扱い!この世界は腐ってる!!
 分かったなら直ぐに村から出て行って!此処は宿屋だけど私の家よ、化け物の宿屋なんて気味悪いでしょ?だからさっさと出て行っ」
「うわあああ凄えええ、魔法だ!!」
「のだのだー、魔法なのだ魔法なのだー!!」

 足下に出来た水溜まりを、カマックとトカライは目を輝かせながら見つめている。予想外の反応をされて呆気に取られていたハルだが、相手が顔を向けて来たので恐る恐る口を開いた。 
「……知ってるの?怖くないの?魔導士」
「のだのだ。のだ達は魔導士にも沢山出会ったのだ。ハルの魔法も凄いのだ、魔導士は凄いのだ」
「村の人達が変だったのって、コレ?俺は魔導士は良い人ばかりだと思うよ。ハルには命を救って貰った(?)し、それに……なっ!」
「のだ!」
 お互いを見合った旅人達はハルに笑顔を向ける。偽りの無い純粋な態度に、少女の口元が緩む。
「……あんた達みたいな人に、初めて会った」
 心にあるモノが軽くなる。思い出せない程久しぶりに、笑った気がした。


「のだ!そうなのだ」
 雑談の最中、トカライは何かを思い出したように帽子の中を物色する。
 取り出したのは、バナナの絵が描かれた緑色の大きな湯呑。温かい飲み物が入っているようで、黄色い湯気が立ち上っている。
 湯呑を両手に掴んだトカライを見て、カマックの顔が強張っている。長い時間を彼と共にしているだろう少年の態度を、新参者のハルは理解出来なかった。
「のだのだ、コレはのだが友達にあげる、特製ドリンク「バナナ茶」なのだ。ハルと友達になりたいから、あげるのだー」
 ハルは差し出された湯呑を受け取る。カマックが真顔で凝視してくるが、トカライは無視してハルに笑顔を向けている。
 黄色い湯気に包まれた緑茶のような液体が見える。不思議に思いながら貰ったバナナ茶を一口飲んでみると、
 飲んだ瞬間、全てを察知した。
「○×△!!○×△↓↓↓→↑□――!!!」
 思わず叫んだ格闘ゲームのコマンドのような悲鳴では必殺技は繰り出せない。これ以上飲んだら此の世に存在出来ないと、肉体が瞬時に決断を下す。
 考えるより先に湯呑を弾き返すと、トイレに向かって猛ダッシュした。

 瞬く間に消え去ったハルの進行方向を見ながら、カマックはトカライに言う。
「いい加減にしなさい」
「のだ!カマックの夢は「幸せの土地」に行く事だけどなのだ、のだの夢はバナナ茶で友達の輪を広げる事なのだ!」
 腰に手を当てて胸を膨らませているトカライに、カマックは苦笑いを返す。友達の輪は広がらない寧ろ狭まり尽くすと、彼は心の底から思った。


 恐怖の激不味飲料・バナナ茶から生還したハルは、初めての宿泊客を案内する。
 二階の通路はヒビだらけの窓に木の板が貼られて釘打ちされており、床の彼方此方に石や割れた酒瓶が転がっている。異様な景色を観察させる余裕を与えずに早足で誘導したハルは、奥の部屋の前で止まると、扉を開けて招き入れた。
「さあどうぞ。此処は普段私が使ってるんだけど、他の部屋は掃除して無いから我慢してよ」
(本当はこの部屋だけしか使えないのだけど) 愛想笑いで誤魔化したハルに、カマックは申し訳無さそうに返事した。
「んや、ほんまおおきに」
「んや?」
「のだ、カマックは時々変な喋り方になるのだ。気にしたら禿げるのだ、ふかふかベッドはいただきなのだ」
(いや、お前が言うなよ)という心のツッコミに気付かずに、トカライは大きなベッドにジャンピングボディプレスをして跳ね上がる。
 飛び脱げたウエスタン帽子を頭で被り受けたカマックは、部屋から出たハルを一瞥してから室内を見渡す。質素な寝室には木製のベッドと机と棚しか家具が無かったが、棚の上に置かれている物が目に入ると、傍に寄って手に取って見る。
 小さな木の額に納められている写真には、笑顔で写る白髪の男女に挟まれてハルに似た幼い少女が幸せそうに笑っている。鋭い気配を感じたので視線を横にズラすと、
 左頬に大きなガーゼを付けている、暗い顔をしたハルが立っていた。
「それは私の両親。お父さんとお母さんはね、カマックと同じように「幸せの土地」を探しに行ったの。私がこんなのだからね、「また笑える場所を見つけてあげる」って。でもね……もう何年も帰ってこない」
「きっと世界中を回って探しているんだろうね」
「村の人達は死んだと決め付けているけどね」
「のだ?死んじゃったのだ?」
 ベッドをトランポリンのようにして遊んでいるトカライは、空中でポーズを取りなが
ら話に割り込んでくる。カマックから写真立てを奪ったハルはトカライを睨むと、赤色の瞳を潤ませながら反論した。
「勝手に殺さないでよ!」
「のだのだ、じゃあ生きているのだ」
 瞬時に言葉を訂正したトカライは、飛び跳ねながらバナナ茶を飲み始める。スプリングの軋む軽快な音が響く中、ハルは掴んでいた写真立てを抱える。

 小さな胸の上に乗った過去の自分は、震える腕の隙間から極上の笑顔を見せている。目を更に潤ませたハルは写真立てを棚の上に戻すと、溜まっている家具の埃を指で拭った。
「ねえ、なんで神様はこんな世界を作っちゃったんだろうね」
「んや?」
「のだ?」
「魔導士が居なかったら、世界は変わっていたのかな?」
 ハルは半開きになっている窓を全開にする。村の外壁越しに見える夕焼けの空は希望の虹が浮かんでおらず、代わりに幾百の光の粒が暗がりの大地を淡く照らしている。
 湿気を含んだ冷たい風がガーゼ越しに頬の傷を刺激する。熱を帯びた目の周囲を自然
の冷却材で冷ましていると、被っていた帽子を持主に返したカマックが返事をしてきた。
「そうならないと分からないよ」
「のだのだ。今はこうなのだから、しょうがないのだ」
「しょうがない……よね。戦争があったのも帝国と共和国が酷い事をしているのも、村
の人達が酷い事をしてくるのもお父さんとお母さんが居ないのも、しょうがないよね」

「でもハルの両親は「幸せの土地」を探しているんだろ?何時か帰ってくるんだったら、良いじゃないか」
 トカライに差し出されたバナナ茶を棚の上に置いたカマックは、ベッドに腰掛けながら応える。ハルは視線を窓から逸らさないまま、少年に背を向けて呟いた。
「「幸せの土地」はあるのかな?虹の端なんて、あるのかな?」
「それは分からない。見つけてみないと」
「分からないなんて無責任だね、無かったらどうするの?」
「とりあえずおっちゃんに「無かった」って言う」
「おじさんはずっと待ってくれているんでしょ?カマックが帰ってくるの」
「うん」
「たまにはさ、帰ってあげなよ。心配していると思うよ」
「ううん。見つけるまで帰らないって約束したし」

 細い腕が、少年の胸倉を乱暴に掴む。熱気を帯びた目から溢れ出る涙を拭う事無く、少女は胸の内に秘めていたモノを吐き出した。

「待っている人の気持ちを、ちゃんと考えてよ!!
 ……理屈なんて何も要らない、私は今幸せになりたい。お父さんとお母さんが帰って来てくれるだけで良いよ。「幸せの土地」なんか無くても良いよ」
 大粒の水滴が降り落ちる。目を丸くして固まっているカマックの横から顔を出したトカライは、扉に向かって駆けようとするハルに声を掛けた。
「ハルは独りぼっちなのだ?のだも独りぼっちは嫌なのだ」
「私は独りじゃないわ!お父さんとお母さんは帰ってくるの!ずっと信じているの、信じて待っているの!!
 今日は特別にタダで泊めてあげるけど、明日になったら出て行って!もう私に、私なんかに関わらないで!!」

 激しい音を立てて扉が閉められる。放置された旅人達が思考停止したまま時が過ぎていったが、
 延々と続いていた沈黙は、少年の溜息によって破られた。

「……びびったわ」
 独特口調で呟いたカマックは、口を半開きにしてトカライを見る。ベッドの上で正座をしながらバナナ茶を飲んでいたトカライは、何かを悟ったように目を見開いた。
「のだ!きっとハルが怒ったのは、さっきあげたバナナ茶がぬるかったからなのだ。のだのだ、今からアツアツのバナナ茶を作って持っていくの」
「いや!いやいやいやっ!!」
 絶対違うと確信したカマックは、動こうとする相棒を元の位置に戻した。


 窓から吹き入った平原の風が、室内の物を靡かせる。穏やかな時が流れる寝室でバナナ茶の啜られる音が一段落すると、正座を胡坐に変えたトカライは欠伸をしながら話し掛けた。
「ハルのパパとママはカマックと同じ旅をしているのだ。カマックは会った事は無いのだ?」
「うーーん、俺みたいに「幸せの土地」を探している人……ハルの両親らしい人に会った覚えは無いなあ。俺がまだ行った事の無い所で探しているのかな?」
「のだ、深く考えたら禿げるのだ。ハルは不安なのだ、明日のだがアツアツのバナナ茶をあげたら、元気になって仲直りなのだ」
 楽観的に友情に止めをさせる案を計画したトカライは、バナナ茶を飲み干すと布団の中に頭から入っていく。足が見えている隠れん坊をした相棒に対し、倒れ掛けている空の湯呑を棚の上に置いたカマックは、幾秒かの沈黙をした後に声を掛けた。
「歯ぁ磨けよー」
「のだのだ」
 ビデオの巻き戻し映像のように出てきたトカライは、荷物の中から洗顔セットを取り出して部屋から出ていく。一人きりになったカマックは開放されている窓の枠に腰掛けると、外の景色を眺める。
 虹の無い真っ赤な空に浮かぶ星を見てから視線を前方に向けた少年は、腰に差している長い剣を手に持つ。耳を澄まして目を凝らし、緩い湾曲をした独特の剣の柄を引っ張ると、銀色の刃が眩く輝き、鋭い金属音と共に鞘の中に再び収まる。
 武器を腰に戻した少年が窓を閉めると、外壁の傍に置かれた食料の袋が疎らに倒れる。虫の声と共に周囲から呻き声が聞こえてくると、地平線の奥から不気味な光が姿を現した。




 闇に包まれた平原を、大勢の人間達が歩いている。
 全身を黒い甲冑で覆った男達の後ろに、ローブ姿の人間達が列を成して付いている。宙を漂う不思議な火球達に照らされた群が掲げている旗には、赤い布に描かれた金色の竜が、威圧感を纏いながら風に乗って舞っている。
 列の中央で簡易な神輿に乗って担がれているのは、大将らしき甲冑姿の大男。岩のような醜い顔は、左半分が火傷によって爛れ崩れている。
 右手に巨大な斧を握り締めている男に寄り添うように、若い兵士が歩いている。獣の鳴く声が聞こえる中、部下らしき兵士は何度も男に話し掛けていた。
「副隊長。本当に良かったのですか?」
「……何がだ」
「隊長を裏切って」
「……」
「戻りましょう?あんな場所に放っていたら、いずれ死んでしまいます!黙っていないで何か申して下さい副隊長!副隊ちょ」
 副隊長と呼ばれた男は、返事の代わりに相手の首を斧で斬り飛ばす。暗闇に置き去りにされた死体から何かを貪るような音が聞こえてくると、御輿を担いだ兵士達は歩く速度を急激に上げる。
 武器から滴り落ちる紅と掲げられた旗の赤が、火球の間で不気味に照らされる。集団が歩を進めていると、神輿の上の男が遠方を指さしながら声を上げた。
「見ろ!あそこに村がある!
 三日、何も食べていない。此の世は全てが弱肉強食、アルカディス帝国に逆らう者は、この東世界では生きていけぬのだ!!」