Truth0/最果ての村カルッサ—人と「魔導士」と「幸せの土地」【0-3】

 0-3

 平原地帯の林の朝は、冷えた新鮮な風が草木を揺らし、車のタイヤが突き出た沼に幾重もの波を作り出す。
 天に再び浮かんでいる虹を眺めていたカマックは、握っていた鞘付きの剣を腰に戻す。日課の素振りを終えてカルッサ村のハルの宿屋に帰ると、部屋のベッドで爆睡しているトカライを布団を掴んで振り起こした。
「のだのだ、もう朝なのだ?朝バナナ茶を飲むのだ?」
「いいです、いらないです」
 寝ぼけたトカライが差し出した湯呑を丁寧に断る。開け放った窓の光で目を覚まさせた相棒にウエスタン帽子を被せると、荷物を入れた袋を担いだカマックは、笑いながら声を掛けた。
「ハルの所に行こう、昨日の事を謝りに」
「のだ、カマックは悪くないから気にしなくても良いけどなのだ、禿げたカマックが気になるのだ。のだが禿げてしまうのだ」
 黄色い湯気が大量に出ている湯呑を帽子の中から取り出したトカライと共に、カマックはドアを勢い良く開ける。と、
 部屋の前に立っていたハルの顔に直撃した。
「キャアアアアアアアアアア!痛いいいいい!!」
「ギャアアアアアアアアアア!堪忍してええ!!」
 双方は絶叫と共に寿命とHPと精神的な何かを擦り減らせる。衝撃的な場面の筈なのに無視をしたトカライは蹲っているハルに踊りながら近付くと、持っている湯呑を差し出した。
「のだ、おはようございますなのだ。アツアツの朝バナナ茶飲むのだ?」
「いらないです、気持ちだけ受け取っておきます」
 飲み物の味を知っている少女は丁寧に断る。爽やかさを失った騒動の末の沈黙は、ハルの鼻血が止まるまで続いた。


 南京錠が付けられた玄関の前で、少年少女が雑談をしている。カウンターに乗った花瓶の花は新しい物に交換されており、家族の写真が添えられた卓上でチェックアウトの処理を施したハルは、気恥かしそうに客人達に謝った。
「昨日はごめんね、勝手に怒っちゃって」
「俺の方こそ堪忍ね、わざとじゃないから恨まんといて」
「……」
 鼻に付いた大きな絆創膏が、頬に付いた大きなガーゼと合わさってまるで大負傷しているように見えるのだろう。罪悪感に震えている少年を気遣ってガーゼを外したハルは、異端の証の模様に触れながら返事をした。
「全然恨んでないわよ。それよりもおじさんに、ちゃんと無事の連絡をしてあげて」
「おっちゃんに手紙は書いているよ。心配は掛けてないから、多分」
「うん。でもお願いだから、待っている人の事を忘れないであげて」
 微笑んでいるハルを見て、カマックは安堵する。手に持ったバナナ茶を差し出しかけて引っ込めたトカライは、湯呑に口を付けながら話に割り込んできた。
「のだのだ、無事に仲直りなのだ」
「喧嘩なんかしてないんだけどね。私には手紙は一通も来ないな」
「実は近くにいて、直ぐに帰ってくるかもね。旅のどこかで出会ったら、「幸せの土地」の事聞いてみる」
「そうかな?そうだと良いな、そうだったら私」

「出て行け魔導士!もう許さねえぞ!村から出て行け!!」
 男の怒鳴り声が突然聞こえると、扉が何度も叩かれる。南京錠が激しく振られる中、眉間に皺を寄せたハルは持っていた宿帳を投げ付けた。
「村から出て行け魔導士!化け物、化け物!!」
「今日は何?いい加減にしてよ、お客さんがいるの!この人達に何かしたら流石に私も」
「コレ以上の復讐があると言うのか?!ぐ、軍隊なんか呼んできやがグギャアア!!」
(?)
 野太い叫び声が消えると、様々な悲鳴が断続的に聞こえてくる。それと共に鈍い音が数回、液体が吹き出るような音と共に。
 南京錠が再び激しく振られる。ハルは持っていた鍵で解錠するが、反対側を重量のある何かに押さえられており、外に出る事が出来ない。
 微量に開いた扉の隙間から覗くと、屋根から滴っているらしい水の色が赤黒い。吐き気を催す嫌な臭いが漂い、扉を押さえていた何かが倒れ退くと、
 女児と男児が一人ずつ、飛び込んできた。

 ハルに縋り付いてきた子供達は、何を言っても泣き止まない。肌と麻の服の所々に赤い染みが付いているが、目立った傷は見当たらない。
 再び悲鳴が聞こえてくると、カマックは腰に差しているナイフを引き抜く。左手を剣の柄に添えると、相棒に指示をした。
「トカライ、ハルの傍に居ろ。様子を見てくる!」
 蹴り開けられた扉の衝撃を受けて、倒れている男が擦り動く。二度と起き上がる事の無い相手を一瞥して前方を見たカマックは、口を手で覆う。
 胴と首が離れた骸が村を埋め尽くしている。老若男女ごちゃ混ぜで、赤血球と組織液で出来た水溜まりの中に沈んでいる。
 地獄絵は断末魔の数だけ更に深みを増していく。残酷な死体達から目を離し、風に揺れる自身の頭部に巻かれた鉢巻きの先端を見るように振り向くと、
 血塗れの斧を手に持った、鎧姿の男と目が合った。

「なんだ?お前は」
 大量虐殺の犯人は珍しい髪色をした少年に興味を持つと、鷲掴みにしていた女の首を投げ捨てる。
 耳を劈く絶叫の中で、村人を追いかけ回している兵士達の姿が見える。農具や崩れた建物で対抗しようとする者もいたが、凶器を持った軍隊に成す術なく、身体を斬られて屍に変わっていく。
 カマックの背後から足音が聞こえると、ハルとトカライが駆け寄ってくる。殺戮を目の当たりにした少女は込み上げる吐き気を堪えると、隣にいる男児に抱き付いた。
「あんたこそ急に来て、何をしているんだ」
「見て分からないか?強奪だ、此処は帝国領だからな。ついでにお仕置きもしてやっている。この村の民は我々を犬か何かだと思っていたようだ」
 男は足下に置かれた麻袋を蹴り広げる。崩れ出てきた封の開いた缶詰や空の貯金箱、農作物の皮や芯から察するに、供物の捧げ方に不満があるにも関わらず食料や金銭には手を付けたようだ。
 男の傍に刺されている旗の中で、金色の竜が泳いでいる。東世界を支配する大国の紋章を刻んだ深紅の布は周囲の赤に溶け込むように、死の調律に併せてはためいていた。
「アルカディス帝国……なんでこの村に?」
「言った筈だ、強奪だと。哀れな、随分と苦労をさせられているようだな、魔導士の娘よ」
 傷付いた頬の模様を見ながら、男は嘲け笑う。顔から伝わってくる痛覚以上に、胸の奥から感じる痛みの方が辛くて堪らない。
 ハルは流れそうになる涙を必死に止める。相手の心の傷を抉っていると知ってか知らずか、男は更なる中傷を加えてきた。
「この村にも一応武器があるんだな。こんな化け物が有ろうが無かろうが、微塵の障害にもならん」
「のだムキャ!バナナ茶、あいつにはあげないのだ!」
 ハルに抱えられているトカライは頬を膨らませて憤怒する。睨み目を向ける少年を無視した男は手に掴んだ巨大な斧を持ち上げると、地面を殴打して兵士達を制止させる。
 殺人のコーラスが止み、不気味な静寂に包まれる。武器から振り撒かれた血を浴びた男は手に付いた長い髪をうざそうに擦り落とすと、赤塗れの刃を魔導士の少女に向けた。
「何故こんな所で暮らす?此処にいても差別されるだろうに。魔導士なぞ何処に居ても一緒だろうが」
「「幸せの土地」を探しに行った、お父さんとお母さんを待っているの!」
 震えながらハルは応答する。時々視界に入るカマックの鉢巻きが、空に浮かんだ虹と共に勇気を与えてくれる。
 男は持っている斧で地面を叩くと、兵士を数人呼び寄せる。火傷で半面の爛れた顔が少女に向けた表情は――全くの無だった。

「……そういえば、近くの道に死骸があったな、ふたつ。
 戦場に置いてきたうちの大将が丁寧に埋葬なんかしていたけどな、こっそり金目の物が有りそうな鞄を頂戴しておいた。けどハズレ、ちっ」
 男はズボンに捩じり入れていた肩掛け鞄を取り出す。中身を殆ど抜き取られた質素な
麻の鞄は、所々に茶色い染みが付いている。

 弱々しく風に揺れる荷物を見て、ハルの身体が激しく震え出す。何処かで見覚えがある物らしく、カマックの眼も大きく開かれている。
「運と力が無かったんだな。魔物に襲われたか、賊に襲われたのか……ほれ」
 鞄が投げ渡されると、宿屋に置かれている物と同じ写真が飛び出てくる。皺だらけの家族写真の中で幼いハルの頭を撫でている父親が肩に掛けている鞄は、
 汚れ折れた目の前の物に、酷似していた。
「わあああああああああ!!」
 少女の感情が爆発する。信じ続けていた希望が、余りにも呆気無く砕き潰される。
 溢れ出る涙が家族の遺品を濡らす。悲しみに暮れるハルを見つめている男の顔に浮かんでいる表情は、同情ではなく嘲笑だった。
「世界なんてそんなものだ。一人の身勝手な人間が周りの何千という人間の幸福を吸い取りながら、頂点に登って自分だけが幸せになる。吸われた人間は一人のせいで底辺で一生不幸になる。バカバカしいだろ?その一人だって今直ぐ死んで消えても、誰も何も困らないっていうのによ。 
 幸せな一人は不幸な千人に幸福を決して返しはしない。だから哀れな千人にとって幸せな一人は虫ケラ以下のゴミ以下、存在そのものが大罪。だが馬鹿な神はそんな風に人間の世界を作っちまった。 
 だから俺はもう泣き寝入りは辞めた。吸い尽くされる前に無理矢理にでも、千人の幸福を吸い取る事にした」
 男は掴んだ斧を持ち上げると、顔の火傷に触れる。白濁した左目でハルを見ると、柄で地面を叩いて命令を下す。
 兵士達は剣を抜き、ハルとトカライを取り囲む。恐怖に怯えた赤眼が凶器の姿を映すと、慈悲の無い斬撃が加えられた。
「人間同士だって差別に溢れている。だから弱者は強者に全てを吸い取られろ。その為に弱者は生まれているんだ」


 刃は獲物を仕留められない。細い湾曲した刀剣によって攻撃は制止させられている。
 十字に重ねられた西洋ナイフが武器を打ち剥がすと、刀剣が甲冑ごと兵の胴体を斬る。短い血飛沫と共に一人が仰向けに倒れると、長い水色と白の鉢巻きを額に巻いた少年は、反撃をしようとした別の兵士を瞬く間に斬り倒した。
「大丈夫?」
 カマックは剣を鞘に納めると、仲間の無事を確認する。首を縦に振ったハルに見せた優しい目は直ぐに険しい釣り目に変わると、右手に掴んだナイフを男に向けた。
「人を不幸にしたがる奴は悪い奴だ、おっちゃんが言ってた。 
 俺はお前を、絶対に許さない」