Truth0/最果ての村カルッサ—人と「魔導士」と「幸せの土地」【0-4】

 0-4

「説教出来る相手を間違えているぞ小僧、戯言は彼の世でほざけ!」
 男が手にした斧で地面を叩くと、兵士達がカマックを囲む。少年が腰から引き抜いた剣は卑劣な大人達の姿を刃に映すと、澄んだ金属音を響かせた。
「武は「止める」という字を含む、争いを止める道が武道なり。剣は悪しき者から弱き者を守る為に握る物。気高く純真成れば斬れぬものなぞ無し!
 悪い奴は俺が成敗してやる!食らえ、イズモヤマト流・剣奥義『華散斬』!!」
 左手に掴んだ剣で地面を斬る。発生した衝撃波に削れた土や草が花弁のように纏わり付くと、兵士達に襲いかかる。
 風の波を受けて瞬く間に倒された部下を見て舌打ちをした男が再び斧を叩くと、増援した兵が強襲を仕掛けてくる。斜め右からの斬撃をかわしたカマックは、続く左からの攻撃をナイフで弾き、背後からの突きを身を捻って避けると、動きを止める事無く反撃に転じた。
「『廻円斬』!!」
 捻り戻る上半身に併せて敵の胴を斬る。そのまま遠心力を加えると、絶え間なく斬撃を与える。
 鎧を割り壊されて意識を失った兵士の脇から新たな敵が襲ってくる。前方から加えられた叩き斬りをカウンターで刺し返すと、背後からの横斬りを振り返る事無くナイフで防ぐ。剣の峰で素早く突いた胸部が離れるや否や、俊敏に斬られた相手は瞬時に戦闘不能に陥る。
 長い鉢巻きの間から見える洗練された剣技は、隙を全くみせない。次々と帝国兵を倒していくカマックに、遠くでトカライと共に見守っていたハルは圧倒されていた。
 ――強い。戦闘技術に格の違いを感じる。さっきまでの自滅気味の頼り無いイメージが嘘だと思うほど、目の前の少年は恰好良かった。
「カマックは強いのだ。正義感も強いから面倒臭くなる事が多いけどなのだ、のだも何度も助けられているのだ、だから安心するのだ」
 威張っているトカライの頭を撫でたハルは再びカマックを見る。勇敢に戦う少年の姿は、足元に落ちている写真の中の自分の笑顔よりも希望を与えてくれた。
「『緋走耶雲』!!」
 ナイフで五月雨突きをした後、剣で大降りの上斬りを三発加える。回転を逆にして繰り出した一撃で兵を地面に叩き倒すと、カマックは静寂した空間に立つ敵将を睨んだ。
「見事だ。その武器、見た事が無い。お前何者だ?
 ……まあ良い。そうならば、こうするのみ!!」

 斧を地面に突き刺した男が指笛を吹く。建物の間から生き残りの村人達の姿と共に啜り泣くような声が聞こえてくると、
 四方から大量の火球が、カマックに襲いかかってくる。
 少年は剣を握り直すと、火の玉を弾き消す。奇襲を最も仕掛けられた方向を見ると、村の入り口付近に鼠色のローブを着た人間達が立っている。
 異様な空気を纏った彼らは首輪と鎖でお互いを奴隷のように繋がれている。生気を感じない老若男女は両手を天に伸ばすと、呪文のような呟きを開始する。
 最前列の男が口を閉ざすと、頭上から雷が撃ち落ちてくる。慌てて飛び避けたカマックが相手を見ると、鼻に描かれた古代文字のような模様が、ハルの頬にある「魔導印」のように光輝いていた。
「もしかして自分がいるから運が無かったな、とでも思っていたのか?迂闊だな、帝国には戦場に連れて行かされるのに、魔導士だって用意されているんだ!」

 飛び交う稲妻の隙間を水色と白の鉢巻きが舞う。建物に当たった電撃は炎となってカルッサ村を炙っていく。
 火達磨になった家屋が熱気と煙を振りまきながら倒れると、雷は石の雨に変わる。天から降り落ちる礫の一つがカマックの目尻に当たると、グラデーションの掛かった紫色の瞳の横に鮮血の線が流れ出来た。
「惜しいな。ならば俺が見えなくしてやろう!」
 男が斧を掴んで飛びかかる。振り降ろされた巨大な刃と細い剣の刃が撃ち当たり、金属の激しくぶつかる音が響く。
 力任せの攻撃に十字に武器を組んで防御に徹するカマックは、ナイフで突きを入れようとするが、体制を崩す余裕を与えられず、反撃は空想に留めさせられる。
 無理矢理反らされる上半身が限界に達しようとする中、両膝をわざと折り曲げたカマックは倒れる前に転がり退くと、斧を地面に刺し込ませる。重量のある武器を抜き上げようとする敵に隙を作らせると、家屋の壁を蹴って三角飛びをし、剣を素早く振って発生させた風を刃に纏わせた。


「『隼爪斬』!!」
「部下と同じだと思うな、俺は二年前の戦争にも下っ端だが参加しているんだ!!」
 宙から放った疾風波が斧に弾き返されると、鉢巻きに切れ込みが入る。斬撃を反射的にかわし避けたカマックは、脇腹目掛けて振られた横斬りをナイフで止めると、再び防御を強いられる。
 耳に入る魔法の詠唱が止まらない。石の雨を浴びる屍から嫌な音が響く中、物陰に隠れていた村人達は、"武器"に向かって憎悪を浴びせた。
「魔導士だ。ハルと同じ魔導士だ!」
「やっぱりアレは化け物だ!人間の形をした化け物だ!!」

「そうだアレは人間じゃない、遠慮なく殺せ。ただし娘、お前も同類だがな」
 醜い顔を歪め、男が聞き耳がてらに返事をする。自我を何時しか失ったのか初めから芽生える事を許されなかったのか、超現象を起こす群は「物」として、拒む無く喜ぶ事無く無感情に命令を遂行している。
 幸か不幸か心を持っているハルは、同じと称される集団を見て首を横に振る。身を伏せながら睨んでくる村人達を無視すると、不安定な姿勢で攻撃に耐え続けている少年剣士を見つめた。
(アレと私は違う、違うしそれよりも彼が危ない、それなのに何も出来ないなんて嫌。何をしたら良いんだろう?私に何が……!!!)
 背後から投げ付けられた石が、ハルの背中に当たる。正面の兵士達を確認してからトカライと共に振り向いてみると、
 宿屋に置いてきた筈の、二人の子供が立っていた。
 血で汚れた麻の服の上に付いた顔は、敵意に満ちている。赤く腫れた目は釣り上がり、小さな口が歯を剥き出して開かれると、幼い暴漢達は足元に積んだ小石を掴んで猛攻撃をしてきた。
「いっ痛っ!あなた達駄目!出てきちゃ駄目!」
「うるさい魔導士!お前のせいだ、お前なんかいなくなれ!!」
「いなくなれ!ハルも怖いのもいなくなれ!!」
 女児は大粒の涙を流しながら大量の石を投げ付ける。体中から感じる痛みに耐えるハルは新たな詠唱を呟き始めた魔導士達に気付くと、トカライを抱えたまま立ち上がり、子供達へ向かって歩いていく。
 近付いてくる異端者に恐怖を感じた相手は、石を投げる速度を上げてくる。溜め込んでいた凶器が枯渇し、為す術を無くして縮み震え出すと、伸ばされた小さな手が泣きべそ顔をもみくちゃにした。
「のだのだー」
「やめろおお触るな!余所者お前もいなくなれ!皆みんないなくなれ!!」

「じゃあ自らが消えて無くなれば良い」
「!?」
 カマックを殴り倒した男は、指笛で魔導士達に命令を下す。首輪の鎖を揺らしながら
数人が詠唱を終えると、少女達の頭上に巨大な炎が現れる。
 振り落ちてくる火の矢に向かって、ハルは指を弾く。空中に出現させた水滴達はカーテンのように四人を包むと、触れる灼熱を白煙に変えていく。青く光る左頬の模様と同じ色をした液体は猛火から術者達を守り続けていたが、
 甲高く吹かれた指笛を合図に、空中の脅威は巨大な岩に変わる。
 隕石のような塊に水の布が破られ消されると、飛沫を纏いながら襲いかかってくる。カマックは立ち上がろうとするが仰向けの身に振り下ろされた斧を剣で止めると、力ずくの攻撃に防御以外の行動を許されない。
 子供達とトカライに覆い被さったハルの背中に、岩が落下する。多量の土煙の中から飛び出してきた石の破片が足元に転がってくると、男は不快な高笑いを始める。
 漸く立ち上がれたカマックは、見えない惨状に釘付けになる。膨大な量の煙が風に流され、徐々に視界が鮮明になると、
 無傷の少女と子供達を、眩い光が包んでいた。

 ハルの腕の間から手を伸ばしているのは、ウエスタン帽子を被った男児。眼を丸くしている子供達に向かって愉快そうに笑うと、服を捲って腹部を晒す。
 黄色く光るへそ周りの肌に、古代文字のような模様が彫られている。服を戻した男児は凍り付いている少女と目を合わせると、独特の語尾を付けながら答えた。
「のだはカマックみたいに野蛮にブンブンぶった斬ったりしないのだ。でものだはカマックよりも絶対ぜったい強いのだ。
 のだの魔法の盾は何でも防ぐのだ、何も全然効かなーいのだ!」