忘れ物 〜side B〜

 どうしよう……。

 いつも電車で一緒になるあの子、傘忘れてったぞ……?

 

 電車の扉が閉まった途端、座席の手すりに掛けられた傘に目を奪われた。

 毎朝、同じ時間、同じ車両の同じ扉で乗り降りする。

 住んでいる所はあの子の方が学校に近いようだけど、学校がある駅は同じみたいだ。

 ということは、同じ学校なんだろうか?

 

 制服でわからないのか? って思うだろ?

 今、夏だからどこの学校もカッターシャツに制服のスカート、ズボンって姿だからわかんねーんだよ。

 

 そんなことは今は良いよ。

 

 あの子、傘忘れてったんだよ。

 で、今、まさに雨降って来たんだよ。

 電車の窓に雨粒がポツポツと当たってる。

 

 駅に着いた。扉が開く。

 俺が降りる駅じゃない。

 が、俺は傘を持って飛び降りた。そのまま下りの電車に飛び乗る。

 その途端、扉が閉まり、反対方向へと動き出した。

 

 車内の客が、俺を見つめる。

 何か変か……?

 あ。変か。俺が女物の傘持って駆け込んで来たんだもんな。ヘタしたら、女から傘を奪って逃げて来たって思われてしまいそうだ。

 

 ……いや、実際あの隅っこに座ってるオバハン、そんな風に思っていそうだぞ。顔付きがスゴイ……。

 

 三分ほどであの子が下りた駅に戻って来た。

 

「あ……」

 

 ホームに降り立つと、まだそこに立っていた。

 何だがボーゼンとしてるって感じだ。

 

「……良かった……」

 

 ホント、良かったよ。このままこの子に会えなかったら、俺、この傘どうするつもりだったんだ?

 彼女はキョトンとして俺を見上げた。

 

「……?」

 

 俺は電車から持って来た傘を差し出した。

 

「キミ、この傘、電車に忘れたでしょ?」

 

 一度は傘を見ていたハズなんだが……まぁ、店で大量に売られてた中の一本なんだろう。きっと『あたしと同じ傘だ』くらいにしか思ってなかったのかな。

 

「あ……! それで……?」

 

 ようやく意味がわかったらしい。

 色白でスッと伸びたしなやかな手指に、ようやく傘を手渡した。

 

「それじゃ、僕はこれで」

 

 特に会話するネタもないし、用事は忘れた傘を渡す事だけ。

 なので、去ろうとしたのだが。

 

「あの……! ちょっと……!」

 

 彼女は俺を呼び止める。

 

「あの……傘……ありがとうございました」

 

 慌ててペコリと頭を下げてくれる。肩の少し下まで伸びたサラサラの長い髪がフワリと踊る。

 そんな姿を見てると、体の奥で何とも言えない心地好い鳥肌を感じた。

 

「いや、電車の中で気付いてたの、僕しか居なかったみたいだしね。

 まだホームに居てくれて良かったよ」

 

 ホント、渡せて良かった。自然と口元がほころぶ。

 ただ、無事に渡せてしまった事に、少し残念な気持ちも混じってる。なぜだ?

 傘を握りしめて、ほんのりと頬を赤らめている彼女を見ていると、上り電車がホームに入って来た。

 

「それじゃ、また」

 

 軽く手を挙げて扉に向かう。

 

「本当に……ありがとうございました!」

 

 嬉しそうに彼女がそう言ってくれた時、乗り込んだ電車の扉が閉まる。

 あっという間に彼女のいた駅は見えなくなり、俺は電車の揺れに身を任せるように扉近くの手すりにもたれる。

 

 ……それじゃ、また……

 

 なぜか最後に発した自分の言葉がフラッシュバックして来た。

 

 ……え? 『また』?

 

 自分で言ったくせに、自分の言葉に若干興奮して喜んでる。

 『また』彼女に会える約束をした気分で、嬉しかった。

 

 ……って、『嬉しい』って何だよ。

 

 俺……あの子の事、好きになってたのか……。